医師の薦める健康住宅

「0宣言の家」に住む幸せ

投稿日:2018年03月31日

『愛工房』 奇跡の杉

「0宣言の家」では、『愛工房』と命名された低温乾燥装置で杉材を乾燥させ使用しています。そしてこの杉材を標準仕様として屋根の下地材(野地板)としています。見えない部分にまで徹底的にこだわり、家づくりを行っています。

例えば、一般的な家づくりには、屋根の下地材(一般的にいう野地板部分)に構造用合板 を使用します。強度はあるものの、接着剤を使用した合板は水や湿気に弱く、耐久性に問題があります。さらに、VOC(揮発性有機化合物)も少なからず検出されることから、「0宣言の家」では構造用合板を使用しないことをポリシーとしています。

愛工房 奇跡の杉の特徴は、
大きく5つあります

1.従来の高温乾燥を覆す、45℃の低温乾燥
2.木に気持ちよく汗をかかせるように水分だけを出して、木の長所を損なわない
3.防虫成分、芳香成分、精油成分はもちろん、艶も残ったままなので耐久性に富んでいる
4.木が呼吸しているため、空気を浄化する
5.自然の木本来の保湿効果、調湿効果がある

一般的な木材の人工乾燥は、乾燥温度60~120℃以上です。高(中)温乾燥は、木材に無理矢理水分を吐き出させるため、水分だけでなく、木材の持つ油分や腐れやシロアリから木 材を守る有効成分等も水と一緒に出してしまい、乾燥を終えた木材は艶もなく、耐久性も低くなってしまいます。また植物は60℃以上の熱を加えると「酵素」が壊れてしまいます。それに対して45℃で乾燥させた愛工房 奇跡の杉は、木の大切な「酵素」が損なわれないので、強度、色、艶、香りは人工乾燥の木材をはるかに超えています。つまり生命を保った「呼吸建材」として住まいの一部となり、木も人と同様、呼吸する生きものとして生き続けるのです。

愛工房 奇跡の杉

限りなく自然乾燥に近い木材には、耐久性があります。住宅の長寿命には必須だと考えています。その結果、木そのものが調湿材断熱材の役割を果たし、室内の空気を爽やかに保ちます。さらにはシロアリなどの侵食を防ぐ効果があります。これらが、愛工房 奇跡の杉と呼ばれる理由なのです。

「愛工房」全景「愛工房」全景

「愛工房」内の壁「愛工房」内の壁

『愛工房』材使用箇所は各工務店で異なります。

 (使用詳細等はお客様でお問い合わせ願います。)

フリーダイヤル 0120-95-1711

「愛工房」で乾燥するということ

投稿日:2018年03月30日

Best “AIKOUBOU”

日本の針葉樹はなかなか乾きません。特に杉は、中心部の赤身と呼ばれる部分の水分を放そうとしません。そこで機械の乾燥温度をどんどん上昇させて、今ではかなりの高温で杉を乾燥させることが当たり前となっています。ただ、高温によって木の内部の水分を沸騰させてしまう様な手法だと、内部の大切な有効成分もろとも吐き出させてしまうことになってしまいます。これによって、木はさながら「抜け殻」の様になってしまいます。

低温乾燥機「愛工房」

愛工房という乾燥機械は、従来の乾燥機に比べ、一見とてもシンプル。木でできたサウナ室、人間が乾燥中にいっしょに入っても、とても心地よくそして気持ちの良い環境です。
なぜなら、愛工房は45度という酵素の生存が可能な温度の室内に、木を並べるというシンプルなもの。従来の常識とは違って、不思議に水分が抜けていくのです。木にも気持ちよく汗をかいてもらうという考えなのです。
そしてさらに素晴らしいことは、その水分の抜けていく過程で、木に含まれる精油成分が失われず、まんべんなく全体に行きわたり、つやつやの輝きと香りを放つ乾燥材になるということです。

効能いっぱいの精油成分の拡散効果。
木の力の進化のプロセスです。

これは、一般的な「乾燥」とは意味が違います。
この「愛工房乾燥」は、日本でもごく数社しか実現できていません。
私たちは、木が本来持っている「木精の力」「命の力」を最大限生かした「家づくり」を実現いたしました。

0宣言の家への取り組み

投稿日:2018年03月30日

0宣言の家とは

情報があふれる社会に生きる現代人。インターネットやメディア等を通じて流れ込んでくる情報は限りがありません。

しかし、その情報が正しいか間違っているかを知るすべは非常に少ないのが現代社会です。

住環境においても同様のことが言えます。

国が定めた有機化合物質の基準は最低限の基準であるがゆえにシックハウスは未だに進行し、
日本の地震大国のなかでの耐震性や日本の気候に適した断熱性・気密性、エネルギー効率など
すべてがそこに住まう人々の健康や安全につながる大きな要素であるにもかかわらず
住宅を購入する人々に明確な情報が与えられていない現状があります。

0宣言の家とは、氾濫する情報の中から正しい情報を抽出し、
その情報を基に工業化製品を一切使用しない具現化した真の健康住宅であり、次世代に残る家のことです。

0宣言の家への取り組み

第二次世界大戦後、住宅の工法や建材、耐震基準などハード面で大きな変化がありました。

住宅不足により安価で早く大量に住宅の供給が必要とされ、
そのため早く組み立てられる資材が活用されることになり、
ビニールクロスや化粧合板、集成材などが当たり前のように使用されてきたのです。

しかし、住宅供給が優先されることにより住宅のほとんどが工業化製品を使用し、
高気密・高断熱と謳われる室内空間はまるでビニールハウスと化してしまいました。

その結果、密閉された空間に資材から揮発する化学物質が放出されることによるシックハウス症候群など
大量の住宅供給を引き換えに健康への悪影響が顕著化して、現在に至ります。

そうした中、これまでの大量供給を優先した家づくりに疑問を抱いた名誉顧問である澤田升男が
提唱する真の健康住宅「0宣言の家」を全国に広めたいと考え発信しました。

これまでの家作りが本当に住まう人々のためになるのか疑問を抱いていた設計事務所や工務店が
この0宣言の家に共感して全国から集まる、医師や大学教授の協力のもと
住まう人の健康を追求するため住医学研究会が誕生したのです。

0宣言の家では
これらは使用しません!

  • 合板
  • 集成材
  • サイディング
  • ビニールクロス
  • 木工ボンド
  • 防虫畳
  • 化粧合板
  • 防虫防腐剤
  • シロアリ駆除剤
  • グラスウール

家に使用する建材や断熱、奇跡の杉といわれている愛工房の杉、生体エネルギーなど人の健康を脅かしたり、
長持ちしないような建材を一切使用しない住むだけで健康になれる住宅を追及しています。

また、0宣言の家では全棟VOC検査や断熱性能検査、放射能検査、防音検査など
住まい人に寄り添い見える化したことも特徴です。

その他、東日本大震災や熊本地震に見られるように安全性能も追求し木造2階建て住宅(200㎡未満)では
義務付けられていない構造計算を全棟、設計時に実施しています。

イベント情報

投稿日:2018年03月29日

「Event」

 ゼロ宣言の家

イベント情報

要予約【群馬県太田市】<モデルハウスのご案内> 「BRAIN HOME」

会員名
株式会社 BRAIN
開催日
随時受付中 お電話にてご要約を フリーダイヤル 0120-95-1711
時間
10:00~18:00
参加料
無料
住所
群馬県太田市大原町1143-18

『0宣言の家』会員工務店

株式会社BRAIN

BRAIN HOME  モデルハウスOPEN!!

BRAIN_1

床は希少『広葉樹』

『ウォールナット・ナラ材・メープル材』

愛工房『奇跡の杉』

パイン材とバリエーション豊富な仕上がり!!

ドアは『膠接着』膠ドア・ニレ仕様

BRAIN_2

Ver(膠接着は伝統工法)かなりの技術が必要です。

BRAIN_3

もちろん

断熱部分はクワトロ断熱

 

BRAIN_#

資料請求、住まいに関するご相談、当社へのご質問等、お気軽にお問い合わせください.

参加申し込みはこちら

フリーダイヤル 0120-95-1711

 

『0宣言の家』

夏は涼しく・冬は暖かく・皆様『体験&体感』してみてください。

スタッフ一同、お待ちしております。

「愛工房」とは

投稿日:2018年03月29日

愛工房について

森林が川や海の生命を育み大地を生かし地球に生息する全ての生命へ与える影響は計り知れないものがあります。
日本は国土の約2/3が森林、世界のトップクラスの森林大国。
しかし密植や手入れ不足、伐採期を迎えても伐採されず警告とも思われる花粉を抱いた杉を始め多くの人工林が活用されずにいます。
日本の人口は世界の2%、その日本で毎年世界の約1/3の木材が消費されています。
しかも森林大国日本でありながら木材の約80%以上が輸入材。
地球温暖化や異常気象が急速に進む中で自国の樹木を利用しないで、場所によっては伐採してはいけない貴重な森林を破壊し化石燃料を使って運搬して来ます。
日本の田畑は「ものを作る」事の大切さより経済優先で輸入される「安いもの」に押され年々厳しい状況になっています。
生きる為に一番大切な食料を外国に依存する食糧自給率の低い日本は飢餓の不安を抱えた「生存後進国」です。
日本に山ほどある「ものを使わず」外国から「安いもの」として輸入さて来る木材。
人や生物の生命、地球環境を考え決して「安いもの」ではなかった事に気づいた頃には環境破壊の元凶として世界中から非難され地球上から退場を求められる日が、そんな日本を子供たちに残して良いのでしょうか?
地球環境評論家の船瀬俊介氏は最新刊の著書「気象大異変」(人類破滅へのカウントダウン)では地球の危機、食糧の危機、生命の危機を警告しています。
また「コンクリート住宅は9年早死にする」「木造革命」等多数の住環境の著書や各地での講演会に於いて人工林、特に杉の活用と伐採後の広葉樹との混植の重要性を訴え、解決策として一に乾燥、二に乾燥、三、四がなくて五に乾燥と、乾燥の重要性と難しさを指摘しています。
「愛工房」は日本の人口林、特に「杉」の活用を願って開発しました。
「愛工房」は「木」の素晴らしさを伝える乾燥装置として誕生しました。
「愛工房」で乾燥した「杉」を活かし、幼稚園から学校、病院や福祉施設、オフィスや住宅等の「木装」内装を始め椅子、机、家具等に使われ快適に生活できる環境と林業の活性化、森林の再生、地球温暖化防止、気象異変防止に少しでも役立つことを願っています。

超天然乾燥装置!「愛工房」

超天然乾燥装置「愛工房」が、低温乾燥装置として特許取得!
天然乾燥材よりも凄い!初めて経験する、杉の色・艶・香り!

・・・無垢の木材と高温乾燥材について・・・

 普段一般に使用されている天然木材は、防かび剤や防虫剤が使用されている事をご存じですか?もちろん、使用されてない国産材もあります。特に中高温乾燥によるKD材等は、本来木の持っている防虫効果や防かび効果がほとんど無くなっていますので、シロアリ駆除-防虫剤等を使用しているのが現状です。
その薬品には劇薬から天然成分まで様々ですが、人体に危険な物質が、かなり使用されています。特に輸入木材やカビの生えやすい木材、シロアリに食べられやすい木材等は、検疫機関や公共試験機関等の指導や推奨により劇薬も使用されているのが現実です。
しかし、それらの物質を使用しないためには、国産材の乾燥が重要となっています。45℃の超天然乾燥装置「愛工房」では薬剤を使用しない木材の生産に一役かっています。
伐採→製材→乾燥→加工→納品
原  木:化学薬剤 不使用
加工製品:化学薬剤 不使用              ↓こちらも↓
http

://sugi.aikobo-ikk.com/

フリーダイヤル 0120-95-1711

ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.