医師の薦める健康住宅

非常に強い」大型台風25年ぶり上陸か 本州縦断恐れ

投稿日:2018年09月29日

台風24号で警報級の大雨と暴風が予想される時間

大型で非常に強い台風24号は30日、非常に強い勢力を保ったまま西日本に接近・上陸する恐れがある。気象庁によると、10月1日にかけて本州を縦断するとみられ、紀伊半島から東日本の太平洋側で記録的な暴風となる恐れがある。

【写真】強風で倒れ、ぐしゃりと潰れたガストの看板

 西日本通過時の勢力は、今月4日に関西空港が記録的な高潮で冠水した台風21号と同等の見込み。強風域(風速毎秒15メートル以上)が大型で、非常に強い勢力のまま上陸すれば、記録が残る1991年以降3度目、25年ぶりになる。93年9月の台風13号では死者・行方不明者48人を出した。

 進路予想については、西日本を中心に死者・行方不明者98人を出した2004年10月の台風23号に似ている。気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 台風は29日午後9時時点で鹿児島県の徳之島の西約60キロを北北東へ時速30キロで進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。

 四国地方には30日昼すぎから夕方にかけて、近畿地方には夕方から夜遅くにかけて最接近する見込み。30日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国、近畿地方で45メートル(65メートル)などとなっている。

 30日午後6時までの24時間の予想雨量は、多いところで近畿、四国、東海地方で400ミリ、中国地方で200ミリ、北陸地方で150ミリなどとなっている。

 台風が大阪湾を通過する場合、接近時間と満潮時刻(午後9時44分)が重なるため、沿岸部では高潮、高波にも警戒が必要だ。

 6月の大阪北部地震や、7月の西日本豪雨の被災地では、土砂災害や浸水害が発生しやすい恐れもあるとして、台風通過後も警戒する必要があるという。

 大阪管区気象台では、海岸や増水した河川など、危険な場所に近づかないことに加え、飛来物でガラスが割れる可能性もあるため、建物内でも窓から離れた場所に移動するなどの対策を求めている。大阪管区気象台の瓜生由明・主任予報官は「不要不急の活動は避け、台風が近づくまでの早めの安全確保が重要」と呼びかけた。

安全な空気と水と大地を!

投稿日:2018年09月23日
超天然乾燥装置「愛工房」が、群馬県太田市大原町に設置済み!

天然乾燥材よりも凄い!初めて経験する、杉の色・艶・香り!

愛工房開発について

森林が川や海の生命を育み大地を生かし地球に生息する全ての生命へ与える影響は計り知れないものがあります。
日本は国土の約2/3が森林、世界のトップクラスの森林大国。
しかし密植や手入れ不足、伐採期を迎えても伐採されず警告とも思われる花粉を抱いた杉を始め多くの人工林が活用されずにいます。
日本の人口は世界の2%、その日本で毎年世界の約1/3の木材が消費されています。
しかも森林大国日本でありながら木材の約80%以上が輸入材。
地球温暖化や異常気象が急速に進む中で自国の樹木を利用しないで、場所によっては伐採してはいけない貴重な森林を破壊し化石燃料を使って運搬して来ます。
日本の田畑は「ものを作る」事の大切さより経済優先で輸入される「安いもの」に押され年々厳しい状況になっています。
生きる為に一番大切な食料を外国に依存する食糧自給率の低い日本は飢餓の不安を抱えた「生存後進国」です。
日本に山ほどある「ものを使わず」外国から「安いもの」として輸入さて来る木材。
人や生物の生命、地球環境を考え決して「安いもの」ではなかった事に気づいた頃には環境破壊の元凶として世界中から非難され地球上から退場を求められる日が、そんな日本を子供たちに残して良いのでしょうか?
地球環境評論家の船瀬俊介氏は最新刊の著書「気象大異変」(人類破滅へのカウントダウン)では地球の危機、食糧の危機、生命の危機を警告しています。
また「コンクリート住宅は9年早死にする」「木造革命」等多数の住環境の著書や各地での講演会に於いて人工林、特に杉の活用と伐採後の広葉樹との混植の重要性を訴え、解決策として一に乾燥、二に乾燥、三、四がなくて五に乾燥と、乾燥の重要性と難しさを指摘しています。
「愛工房」は日本の人口林、特に「杉」の活用を願って開発しました。
「愛工房」は「木」の素晴らしさを伝える乾燥装置として誕生しました。
「愛工房」で乾燥した「杉」を活かし、幼稚園から学校、病院や福祉施設、オフィスや住宅等の「木装」内装を始め椅子、机、家具等に使われ快適に生活できる環境と林業の活性化、森林の再生、地球温暖化防止、気象異変防止に少しでも役立つことを願っています。

 

・・・無垢の木材と高温乾燥材について・・・

 普段一般に使用されている天然木材は、防かび剤や防虫剤が使用されている事をご存じですか?もちろん、使用されてない国産材もあります。特に中高温乾燥によるKD材等は、本来木の持っている防虫効果や防かび効果がほとんど無くなっていますので、シロアリ駆除-防虫剤等を使用しているのが現状です。
 その薬品には劇薬から天然成分まで様々ですが、人体に危険な物質が、かなり使用されています。特に輸入木材やカビの生えやすい木材、シロアリに食べられやすい木材等は、検疫機関や公共試験機関等の指導や推奨により劇薬も使用されているのが現実です。
 しかし、それらの物質を使用しないためには、国産材の乾燥が重要となっています。45℃の超天然乾燥装置「愛工房」では薬剤を使用しない木材の生産に一役かっています。
  伐採→製材→乾燥→加工→納品
  原  木:化学薬剤 不使用
  加工製品:化学薬剤 不使用

米追加関税で影響受ける企業

投稿日:2018年09月21日

米追加関税で影響受ける企業「5割が外資」 中国商務省

トランプ米政権が24日の発動を決めた年2000億ドル(22兆円)相当の中国製品に対する追加関税措置について、

「影響を被る企業のうち外資企業の割合は50%近くを占める」と指摘し、米側を牽制(けんせい)した。

高氏は米国による今回の措置で機械・電力設備や軽工業、紡績・アパレル、農産品、薬品などの産業分野が影響を受けると言及。

「米国による一国主義と保護主義の施策は中米両国の企業と消費者の利益だけでなく、世界のサプライチェーンを傷つける」と批判した。

一方で高氏は、追加関税の影響を受ける外資企業を支援する施策を準備していることも明らかにした。

一部の外資企業の間で、生産拠点を移転する動きが出ていることを受けた措置とみられる。

だいじょうぶ?災害時の保険金、支払い可能か…金融庁が調査へ

投稿日:2018年09月20日

災害時の保険金、支払い可能か…金融庁が調査へ

自然災害の多発を受け、金融庁が、損害保険各社の保険金支払い体制が十分かどうか実態調査することが、わかった。

自然災害の損害に対する保険金支払額が急増しているため、保険料の体系や支払いに備える積立金の金額などを確認する。

火災保険は、災害などで家屋が損壊したり浸水したりした場合に適用される。

損保各社は、自然災害時の保険金支払いに備え、異常危険準備金を積み立てており、

2018年3月末時点で大手4社の積立金総額は約2兆5000億円に上る。

気候変動の影響で過去のデータで予想できない大規模な災害が増えていることから、

保険金の支払いが滞りなくできるか調べることにした。

今年7月の西日本豪雨では、

損害保険大手3グループで保険金の支払額が約1500億円にのぼる見通しとなり、

台風を除くと、豪雨による保険金支払額として過去最大規模になるとみられる。ほかにも、

9月の台風21号や北海道地震など災害が相次いでいる。

自然のリズムと調和した生きかたⅡ

投稿日:2018年09月13日

自然のリズムと調和した生きかたⅡ

秋は、【成熟・豊かさ・受容】の季節。実ったことや手にしたことなど、人生の豊かさに意識を向けることに適した時期です。

日照時間が短くなるとともに、徐々に活動のペースを落として、自分の内側に目を向けていくとよいでしょう。

自然界は、成長→成熟→死、というサイクルが目立つので、いつもより繊細な気持ちになったり、感情的になることもあるかもしれません。

 

芸術や読書などを通して、自分の感性を磨くのもよいですね。

活動的に過ごした春・夏を通して得たものを振り返ってみるなど、立ち止まって省みる時間を持つことをおすすめします。

旬を迎える食べ物も多く、特に根菜類を摂取して、エネルギーを落ち着かせ、身体をあたためてい来ましょう。

美味しいものが多いので、消化器官に負担がかかりやすいのも事実。

食べ過ぎには注意しながら、恵みの季節を楽しみましょう。

冬は、【内向・地固め・静寂】が輝く季節。1年の振り返り、目標設定など、広い視野で人生を見つめ、いま現在の整理、これからの準備をすることに適した時期です。

また、自然のリズムと、現代社会のライフスタイルのギャップが一番大きな季節でもあります。

自然界では多くの動植物が「眠り」に入り、休息に専念しますが、人間界では、クリスマス・お正月・バレンタインなど、イベント行事が多く、パーティーをして、たくさん食べたり飲んだりする機会が増えますよね。

本来は、活動量を下げ、人と関わる頻度も抑え、自分自身の内側に目を向けることに適している時期。

寒さが増すと心身がこわばり、体温の低下に比例して免疫力も下がり、内臓の働きも通常より落ちやすくなります。

予定がたくさん入っている方は、身体を温める・根菜類を多く摂る・しっかり睡眠時間を確保するなどして、体調管理をしましょう。

私は、自然のリズムをより意識して生活するようになって、以前より楽に過ごせるようになったことを実感しています。

また、世界一周に出て、より自然に近い中で生活するようになって思うのは、本当に人間は自然の移り変わりに影響を受けているんだ、ということ。

特に、光と気温の変化によって、自分自身の体調がすごく変わることを実感しました。

そして、日が昇ってくると、分かりやすく頭も身体も起きて、活動的になれるのです。

頑張る自分も素敵だけど、「自然の一部の繊細なわたし」も大事にしてあげて、毎日を健やかに、豊かに過ごしていきましょう。

ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.