医師の薦める健康住宅

ベタ基礎+スーパージオ工法®

投稿日:2018年09月11日

ベタ基礎

ベタ基礎を採用していることの理由の1つとして、地盤への荷重のかかり方があります。

ベタ基礎は、一枚の大きなコンクリートの板の上に建物が載ることで、

地盤に対し家自体の荷重を均等にかけることができます。そのため、不同沈下の心配も少なくなります。

また布基礎とは、日本の住宅業界における最もスタンダードな基礎仕様です。

地面から突き出しているコンクリートの壁、この部分を「立ち上がり」と言いますが、

その上に建物の柱や壁が載り、その荷重を地面に伝える構造になっているため、

ベタ基礎のように地盤に対し均等に荷重をかけることができません。

地震の国 日本 
家の耐震性能が家族を守る

古くから日本人は地震と向き合い、数々の震災を経験してきた歴史がある。
近年でも未曾有の大震災が立て続けに起こり、地震に対する備えは軽視できない現状がある。
そんな中、「住まい」を地震に強い建物にすることは最も重要な対策の1つ。
では、どんな家づくりがいいのだろうか。
過去の震災を振り返るとともに、「0宣言の家」の耐震性能に注目してみてみよう。

1995年の阪神淡路大震災以降、100年に1度と言われる規模の大地震に3度も見舞われた日本。

有感地震は1日に3~5回、マグニチュード7以上の地震は年に1回ずつ起きている。

地球全体で見てみると、日本列島は400分の1の面積比だが、地震エネルギーはなんと10分の1。

世界のマグニチュード6以上の地震の約20%はここ日本で起きており、まさに“地震の国”といえる。
そして、地震被害の大部分を占めるのが建物の倒壊だ。

阪神淡路大震災の犠牲者約6400人の実に約8割以上が家屋の倒壊

(特に1981年以前の旧耐震基準で建てられたもの)による圧死が原因だった。

更にその犠牲者の8割は地震発生後15分以内に死亡していると推定されており、

家屋の倒壊自体を防ぐことが極めて重要であるといえる。

日本に住む以上、地震と向き合っていかなくてはならない現実がある。

故に、住まい取得を検討する際には「耐震性能」をしっかりと重視し、

根拠のある耐震施工を行っている会社を選ぶべき。ひいてはそれが家族の命を守ることに繋がるのだ。

過去の震災から見る
耐震性能の高い住宅とは

私たちが住宅の耐震性能を見極めるにはどうしたらいいのだろうか。
今回は「建築基準法」と「耐震等級」というキーワードを基に探ってみよう。
また、大震災でも倒壊しなかった「0宣言の家」の性能に迫る。

建物を建てる際の法律に、安全性などを確保するために最低限のことを定めた「建築基準法」がある。建築基準法は1950年の制定以後、大震災の歴史とともに改定されてきた。なかでも耐震性能に関わる大きな転換期は2つ。1981年(1978年の「宮城県沖地震」後)と2000年(1995年の「阪神・淡路大震災」後)の改定だ。1981年は新耐震基準を制定。2000年には接合部の仕様等が明確化された。この度の熊本地震を見てみると、1981年の改定前の旧耐震基準の住宅は、新耐震基準導入後の住宅と比べて顕著に高い倒壊率であった。また、2000年以降に建てられた住宅は倒壊率が低く、接合部に関する梃入れが倒壊・崩壊の防止に有効であったことが認められている。このように、「建築基準法」は震災の教訓を踏まえて日々向上している。しかしながら、あくまで最低限の決まりを定めたものであり、安心できるレベルとは言い難い。

震災における住宅の主な被害

<東日本大震災>
基礎の破壊
<熊本地震>
筋かい端部、柱脚接合部の破壊
<熊本地震>
築年数40年超の木造住宅の倒壊

※参考資料:国土交通省 国土技術政策総合研究所
「2011年東北地方太平洋沖地震被害調査報告書」「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会報告書」

大震災で倒壊しなかった
「0宣言の家」の性能

2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震で被災した地域に建っていた「0宣言の家」は、1棟も倒壊しなかった。それどころかほとんどが無被害で難を逃れた。では、「0宣言の家」のどのようなところが、優れた耐震性能を実現させているのだろうか。
まず重視している1つに基礎がある。「ベタ基礎(シングル配筋)」を標準仕様とし、建物を1枚の大きなコンクリートの板で受け止めることで地盤に対して家自体の荷重を均等にかけ、不同沈下の心配を軽減。また、通常のコンクリートの設計基準強度が210~270㎏に対して、「0宣言の家」では独自の施工技術により400㎏以上を実現している。地盤改良も必要に応じて行っているので、それぞれの土地で安心できる施工方法をプロの目線から提案している。

次に構造だ。地震や風による外からの力に強い家を考えた結果、伝統的な在来木造軸組み工法と耐震面に強みを持つ2×4(ツーバイフォー)壁工法の2つを合わせたハイブリット工法を採用。土台、柱、で組み上げる在来木造軸組み工法でしっかりと木造構造にした後、筋交いは施工せず、2×4の強さを得るために構造材の外側を耐力壁としてパネルで張り詰め、なおかつ必要とする部分に筋交いを施工。こうして地震に強い構造が完成する。
構造材は無垢材を適材適所に使用。柱には圧縮強度の強いヒノキやスギ、梁には曲げ強度およびせん断強度の高いマツ材といった具合に見極め、材一つ一つを取ってもより地震に強い家づくりの一助となるように、妥協せずに取り組んでいる。
その他にも、外壁に注目してみると、震災後に被害が多いとされている外壁材・サイディングは1枚約17~20㎏/㎡の重量があり、家1軒(外壁面積を200㎡とする)に換算すると約3500~4000㎏もの重さが外壁としてぶら下がっていることになる。それに対して「0宣言の家」1軒分の外壁の重量の合計は約900㎏。サイディングの家の約1/4の軽さということになり、家自体の重量が地震の揺れに対する倒壊に大きく影響することが分かる。
住宅の施工方法はさまざまあり、基礎や構造、使用する建材など何か1つをハイスペックにすれば良い分けではなく、家全体のバランスが大切。安全性と予算をしっかりと見極めて選択していくことも、施工業者に求められるノウハウの一つだ。
また、木造2階建て住宅では義務づけられていない「構造計算」をお客様の要望により実施。構造計算することで、数値に裏付けされた適切な施工が行われると同時に、明確な信頼と安心感を得ることができる。

構造

ハイブリット工法で施工。構造が完成した段階で第三者による中間検査。柱や梁などの構造体から耐力壁(筋交い等)の配置、設計通りに金物が使用されているかを確認する

基礎

地面からの湿気上昇を防ぐための防水シートを張り、その上から背筋を設置。施工後は第三者機関による背筋検査が行われ、仕様通りの鉄筋がきちんと背筋されているかどうかを確認する。それが終わればベタ基礎を施工

地盤改良・地盤調査

地盤調査とは、その土地が家の重さに耐えられるものかを調査します。家そのものは、相当な重さがあるので、軟弱な地盤にそのまま家を建てると、不同沈下してしまう恐れがあります。
一度傾いてしまった家を復旧するのは、とてつもなく費用がかかるだけでなく、一時住めなくなってしまうこともあります。
新しい分譲地などで家を検討されている方は、特に注意が必要です。また、山を切り崩したような土地であっても山を切り崩しただけでなく、土を一部盛ることもありますので、安心は出来ません。
0宣言の家では、もし軟弱な地盤だった場合は、その土地にあった適正な地盤対策をご提案させていただいております。

地震・液状化・軟弱地盤から建物を守る スーパージオ工法®

0宣言の家で使用する遮熱シートは厚さ0.17mmと極薄ながら破れ難く、放射熱を97%反射するアルミ遮熱シートです。アルミニウム純度が高く(99.45%)、素材自体の劣化がなく、経年変化に強い特性を持っています。柔軟性・耐水性にも優れています。

スーパージオ工法®の優れた特徴

1.地震対策ができる

地面と家の間にあるスーパージオ材が緩衝材の働きをし、激しい地震の揺れを優しい揺れに変えます。

2.液状化対策ができる

地震時、スーパージオ材の中に水のみを一時的に取り入れて、地表への噴出を防止。地震がおさまると土は安定状態に戻ろうと働くため、スーパージオ材内の水は土中に戻り、通常状態で安定。液状化が起きた時にも、地盤の安定性を保ちます。

3.どのような土地にも設置できる

他の地盤補強工法では、地盤がゆるく柔らかい「軟弱地盤」の地震対策は困難でした。スーパージオ工法®なら、軽くて丈夫で、しかも設置も簡単な「スーパージオ材」を使うため、手作業で設置可能。その土地に合わせた柔軟な対策が可能です。

さらに、スーパージオ工法®は、ほかの地盤補強には無い、
最大1億円保証の、10年の免震保証付き。
(10年単位で更新可能)

また、不同沈下に対する地盤保証や、地震時、液状化被害により、
不同沈下した建物の損害を保証する液状化保証もございます。

耐震基準の改正が類似した法改正

投稿日:2018年09月10日

耐震基準の改正が類似した法改正

実は似たようなことが昔ありました。

それは同じく住宅の質の三大要素の一つである、「耐震」でです。
<<耐震については詳しくはこちら>>

耐震基準ではザックリ分けると1981年に施行された

現在の基準である「新耐震」と、それ以前の「旧耐震」という分け方が出来ます。(細かくはもっとありますが)

この1981年より前の建物を「既存不適格」といいます。

言葉は難しいのですがどういうことかというと、現在の耐震性を満たしていない違法建築という意味です。

ただ、違法建築と言ってしまうと、建てた当初は合法だったので、違法建築と言われるのは、少々可哀想ではないですか。

で、ひねりだした名前が、「既存不適格」。

現行法で見るとNGだけど、建築当時は適法だったから限りなく違法に近いが違法とは言いにくいなー、という意味です。

「既存不適格な家」は違法ではありませんが、この家を財産と見たときにどう影響があるのか?

財産価値はどうなのか?ここが私たち家を買う人間からすると重要な問題ではないかと思います。

ストレートに言うと、「既存不適格」な家は住宅ローンがつきにくい場合が多くなります。

というのは、現行法に照らし合わせると違法建築なので、銀行さんは違法な家にお金を貸すのを嫌がります。

とはいえ完全な違法建築ではないので貸す場合もあり、日本の銀行さんには全く貸さないわけではありませんが、

万が一返済が滞った場合に、競売で売る時に違法建築は売りにくい為に敬遠しています。

そこで銀行さんは、「いやー、この物件にはお金貸せませんかね」。

もしくは、「いやー、土地の担保価値からするとこのぐらいの金額でしょうか」ということで、かなり貸出額を低く抑えてきたりします。そのため、

「既存不適格な家」はファイナンス的理由で市場から退場させられてしまいます。

つまり、資産価値が一気に下がる。

ということによってソフトランニングで、退場して、壊してもらうか、直してもらうということを、この20年以上強要してきました。

ScreenClip

 

耐震と同じことが2020年以降、省エネルギー性能についても行われる

省エネ性能の足りていない住宅というのは、

実はあと2年したら既存不適格物件になりますから、同じ理由で、リフォーム費用があとでかさんだり、売ったり貸したりするときにネックになる可能性が高いのです。

もし、今後新築住宅を建設予定の場合、省エネルギー性能だけは、

特にリフォームすると費用がかさむ断熱性能だけは、最低でも2020年の義務基準予定

「次世代省エネルギー基準を超えるレベル」にしておく必要があります。

家を建てる場合は、

Q値2.7は最低、少なくとも1.9以下、出来れば1.6以下にしておけば将来の既存不適格リスクを低く抑えることが出来ます。

(Q値とは日本で一般的な断熱性能の数値基準で、家全体から一時間当たりに漏れる熱の量を床面積で割った値です。

小さいほどに熱が漏れない高性能な家という事になります。)

ScreenClip

新築の半分以上は2年後に資産価値がガタ落ち!

実は今、新築されている住宅の半分は既存不適格で、2020年以降の最低基準を満たしていません。

つまり、省エネ基準に着目しておかないと、50%以上の確率で、2年後に資産価値が激減してしまいます。

ScreenClip

 

あり得ないですよね。

2年後に一気にがた落ちの(まあ家電ならよくあることですが)去年買ったモデルは今買うと半額なってしまいます。

同じことがこの住宅で、35年の住宅ローンを組んだのに、残り30年にして違法建築扱いされてしまうという、とんでもないことが目の前で行われている。

建築業者さんは、いかに私たちの財産権について理解が足りないのか。

ここを知らないで買ってしまうと本当に大変です。

消費者は自分で情報武装していかないとやられてしまいます。

今は違法ではないからOKです。

でも2年後は資産価値がガタ落ちですけどね。

ついでに光熱費も高いですよ・・・

 

お電話でのお問い合わせ ⇒ 0120-95-1711
メールでのお問い合わせ ⇒ info@brain-home.co.jp

ちなみにBRAIN HOMEはすでに基準をクリアしております。

 

                          

モイスTM・耐力面材で強化

投稿日:2018年09月09日

 

『体力面材』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多機能建材モイスとは天然素材「土壁・木」を進化させた理想の建材です。モイスは天然素材の鉱物「バーミキュライト」を主成分。
天然素材のみで造られているため、有害物質を含まずシックハウス症候群を防ぎ、土に還すことができる素材です。
モイスTMは無機素材なので火災に強く、木のような粘り強さで地震の揺れや台風風圧なども受けとめ、建物を守ります。

 

【 モイスTM 寸法・物性値 】
標準寸法
(参考重量)
(mm) 910×2420×厚9.5(25kg/枚) 1000×2420×厚9.5(27kg/枚)
910×2730×厚9.5(28kg/枚) 1000×2730×厚9.5(30kg/枚)
910×3030×厚9.5(31kg/枚) 1000×3030×厚9.5(34kg/枚)
許容差 (mm) 厚さ±0.5 長さ +0 −2
+0 −2
見掛け密度 (g/cm3) 0.9以上1.2未満 (JIS A 5430)
曲げ強度 (N/mm2) 13.0以上 (JIS A 5430)
吸水長さ変化率 (%) 0.15以下 (JIS A 5430)
熱伝導率 (W/m・K) 0.24以下 (JIS A 5430)
透湿比抵抗 (m・s・Pa/ng) 0~50% 0.322 (JIS A 1324(カップ法))
50~100% 0.117 (ASTM(カップ法))
(m・h・mmHg/g) 0~50% 674 (JIS A 1324(カップ法))
50~100% 244 (ASTM(カップ法))
透湿抵抗 (m2・s・Pa/ng) 0~50% 0.00306 (JIS A 1324(カップ法))
50~100% 0.00111 (ASTM(カップ法))
(m2・h・mmHg/g) 0~50% 6.40 (JIS A 1324(カップ法))
50~100% 2.32 (ASTM(カップ法))
不燃材料認定   NM-8578(5mm以上)
  • 地震に強い
  • 火災に強い
  • 湿気に強い
  • 居住性の向上
  • 環境に優しい
  • モイスTMと他社面材比較表

災害時マストな“水”の確保法!

投稿日:2018年09月08日

災害時マストな“水”の確保法!

救援物資はすぐに必要数届くとは限りません。備蓄は10日分が目安。なかでもお水は絶対にマスト!

「一般的に、1人当たり1日2~3Lがガイドライン。喉が渇いたな、と感じたときにはもう脱水症状が始まっています。

命を守るためにも、飲料水は最優先に考えて用意してください。大量の水の確保もさまざまな方法で無理なくできます」

冷蔵庫、冷凍庫にも水をストック。

ひとり暮らし女子の部屋に、ペットボトルを大量に備蓄するのはスペース的にも大変。

「製氷機の氷や、ペットボトルの水を冷凍庫で凍らせていれば、停電のときは保冷剤の代わりに。

解ければ飲料水として使えて、一石二鳥」(国崎さん)。

よく飲むジュースなども多めにストックし、切らさないように。これも立派な備蓄です。

ウォーターサーバーも防災に便利。

「ウォーターサーバーは1本当たりの容量が多いため、いざというときに慌てる必要がありません。

停電時でも使える機種がほとんどで、口をつけたりすることもあるペットボトルよりも衛生的という利点も」

(「一般社団法人 防災ガール」代表理事・田中美咲さん)。

定期的にボトルを補充してくれる契約にすれば、うっかり切らすこともなくなり、ぐっと楽に。

これ便利! どんな汚水も飲み水にします。

飲み水を作ってしまうのも手。

どんなに汚れた水も、特殊なフィルターで浄水して飲み水に。

フィルター1個で約380l分浄水が可能。セシウム除去にも対応。

セイシェル サバイバルプラス携帯用浄水ボトル¥7,800(ヴォーテックス)

今後「震度6弱」の地震が起こる可能性が高い地域は…?

投稿日:2018年09月08日

今後、30年以内に「震度6弱」の地震が起こる可能性が高い地域は…?

30年以内に「震度6弱」の地震が起こる可能性が高い地域は…?

今後30年以内に“震度6弱以上”の揺れに襲われる確率は、どこでどれくらいあるのか……誰もが気になるところではないでしょうか。

日本政府の地震調査委員会による最新データを地図に色分けして落とし込んだ「全国地震動予測地図」が6月26日(火)に公表されました。

まず、昨年から大きく変わった点として注目したいのは、北海道。

今回、千島海溝沿いに超巨大地震が差し迫っているという研究結果を反映させた結果、今後30年以内に北海道東部で震度6弱以上の地震が起きる確率が大きく跳ね上がっています。

例えば、釧路は昨年から22ポイント上昇の69%、根室は15ポイント上昇の78%と高い確率に。

そして、気になるのが首都圏です。

今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する確率が最も高いのは、千葉市で85%。このほか、横浜市も82%と高い確率となっています。

一方、東京は意外にも48%という予測結果でしたが、これは、基準点となる都庁付近の地盤が比較的固いことが理由。

例えば、羽田空港の国内線第一ターミナルは80.5%、江東区・東雲駅付近は82.1%など、埋立地を中心に震度6弱以上の揺れの確率は高いことがわかります。

今回公表された最新予測を盛り込んだ地震の発生確率は、国の研究機関「防災科学技術研究所」のWebサイトから、住所や地図でピンポイント検索できます。

自分が生活する場所の最新の地震の確率を調べて、備えが十分かどうか再確認しておきましょう。

ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.