医師の薦める健康住宅

医師が認める家づくりⅡ

投稿日:2018年04月05日

医師が認める家づくり

ゼロ宣言の家
フリーダイヤル 0120-95-1711
house02_main
house02_green_ttl2
星 旦二 先生

健康づくりに大切なこと。
その中のひとつとして私が提唱するのが、適切な住まいづくり=「断熱」の重要性です。住宅の断熱・気密性能は、室内の温熱環境の改善につながり、寒さに起因する疾病等を予防し、住む人たちの健康を維持する効果が期待できます。
健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価(日本建築学会環境系論文集第76 巻第666 号, 735-740, 2011 年8 月)において、高断熱・高気密住宅の居住者へのアンケート調査に基づき、居住者のさまざまな疾病における改善率を定量化した上、健康維持がもたらすNEB について金額換算することを試み、大規模なアンケート調査を行いました。
健康と密接した、健康住宅=「断熱」の重要性が、ここでも明らかになったのです。

住宅の断熱・気密性能が向上すると、 そこに住む人が健康になる、ということが 数字で実証されています。

*以下引用:
健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価・日本建築学会環境系論文集第76 巻第666 号, 735-740, 2011 年8 月)

断熱・気密性能と健康の関係は、各国の様々な既往研究で示されてきました。例えば、ニュージーランドにおいては2001 年から地元組織を通して各コミュニティから200世帯ずつ希望者を募集し、大規模な介入実証実験が行われました。
これは、断熱改修を行った住宅と行なっていない住宅における、室内快適性と居住者の健康状態(風邪、不眠など)の差異を定量的に調査し、住民の欠勤が減少し、主観的な健康感が向上したことを示しています。
そして日本においても、断熱・気密性能向上によって様々な疾病が防止される傾向にあることが示されています。
実際、東北地方を中心に高断熱・高気密住宅を対象として実施したアンケート調査では、室内温熱環境の改善により、風邪や肩こりなどの症状が改善され、居住者の健康にとって良い影響を示す効果を得ています。
また、人口動態統計を用いて、全国の死亡数と気象データと対応付けて関連性を分析したところ、冬期において自宅内で心疾患、脳血管疾患による死亡の危険性が増加することを示しました。

図表
ただ、上記の示しを評価するには、高断熱・高気密住宅に転居した人に対して、大規模な調査を行い、網羅的に疾病の改善率を定量化することが必要となります。そこで、2009年11 月から2010 年1 月にかけて、戸建住宅への転居経験者を対象に、様々な種類の疾病について転居前後における有病状況の変化を問う全国的なアンケート調査を実施しました。(表1、図1)
このアンケート調査結果に基づき、住宅の断熱・気密性能の向上による居住者の各種疾病の改善率について分析することで、健康維持効果を定量化しました。アンケート調査の回答は、5,500 軒、19,164人から得られ、回答者の男女比はほぼ1:1 で、年代は10 歳代未満、30 歳代、40歳代の割合が大きかったものの、ほぼ全ての年代から回答が得られました。

アンケート調査の結果、住宅の断熱・気密性能の向上により、さまざまな疾病の改善が定量的
に示されました。
その結果、10 の疾病全てにおいて、改善傾向が明らかとなったのです。

断熱性能の向上による有病率の改善

身体のエネルギーの回転は、体が寒くなると鈍ります。そのため、予防として体を温める事が大事になります。体温を0.1度、上げるか下げるかが、非常に重要になってくるのです。

自負する程に勉強してきた私でも失敗した家づくり。 本物の家づくりを知った今だからこそ、伝えたい。

2月の終わりの寒い日、我が家の朝の寝室温度は6.2度でした。
以前から「寒い家だなあ」と感じていたものの、実際の温度の低さにビックリ。妻の血圧を上げてしまったのも、冬期のみではあるものの、呼び寄せて同居していた亡き母の呼吸器機能を低下させたのも、有機溶剤だらけの合板を使いすぎたのではないかと、深く深く後悔をしています。
住医学研究会と出会い、本物の家づくりを知り、リフォームを決心しました。
無垢材の床、塗り壁、そして断熱。
すると、その効果は如実に現れました。特に、夜はトイレに起きなくなったことが大きかったです。深く、眠れるようになったからです。
私のように、すでに家を建てられている方はリフォームという選択になると思います。ですが、費用がなかなか、、、という声も少なくありません。
しかし、下の表をご覧下さい。

H11年基準適合戸建住宅の省エネ・健康便益

断熱化するとエネルギーだけでの投資効果便益では、30年近くかかるものの、疾病予防を入れれば、10数年で投資効果が得られます。
高齢者の場合、断熱化で一年長生きすると仮定し、夫婦での年金獲得総額を考慮すれば、三ヶ月で元が取れるのです。断熱をはじめ、住医学研究会が推奨する、耐久性・自然素材にこだわった健康住宅。会話が弾み、美味しい食事をとって、リラックスができ、ぐっすり眠れる家。
そんな住宅に住み、日々の暮らしを大事にしたら、健康長寿でしあわせな人生がきっと送れることでしょう。

推奨 「クアトロ断熱」

    • 高い省エネ効果
    • 耐久性の向上
    • 健康的な住まい
    • 全室均一な温度
  • なつ
  • ふゆ

クアトロ断熱の構造

遮熱×断熱×調湿×透湿という4つの特徴を兼ね備えた理想的な断熱システム。
家の寿命を短くする原因は、見えない壁内で起こる結露。長く、安心して快適に住める家には、壁内の断熱材に加え、構造体の外側にも断熱材を設置することが重要です。
「0宣言の家」では、抜群の調湿性を持つ内断熱材、南極昭和基地にも使われる外断熱パネルにプラスして、
遮熱効果の高い塗料を外壁の仕上げ材として使い、外断熱パネルに熱を伝える太陽熱をカット。
壁内の急激な温度差をなくし、内部結露から家を守ります。

図

クアトロ断熱の開発

星 旦二 先生
ぴんぴんころり
星 旦二 先生

1950年福島県生まれ。首都大学東京 名誉教授(都市環境学部・都市システム科学)。放送大学 客員教授。

福島県立医科大学を卒業し、東京大学で医学博士に。東京都衛生局、厚生省国立公衆衛生院、厚生省大臣官房医系技官併任を経て現職。福島県立医科大学、聖路加看護大学、東京医科歯科大学の非常勤講師も務めた。ロンドン大学大学院留学。公衆衛生のエキスパートとして、多摩市をはじめ全国地方自治体などと共働し、寿命とさまざまなファクターとの関連を大規模調査するなど「健康長寿」に関する研究と主張を続ける。

著書に【これからの保健医療福祉行政論】(日本看護協会)、【ピンピンコロリの法則】【元気で長生きな人に共通する生活習慣29】(ワニブックスPLUS新書)など。高等学校の教科書【最新高等保健体育 改訂版 2016】(大修館書店)の執筆にも携わる。

医師が認める家づくり〜4つのポイント〜

  • ゼロ宣言の家
    フリーダイヤル 0120-95-1711

『愛工房/開発者』伊藤 好則氏

投稿日:2018年04月03日

本物を追求する人々

奇跡の杉

アイ・ケイ・ケイ株式会社 愛工房/代表取締役  伊藤 好則氏

 

木の立場になって作った低温乾燥装置「愛工房」

私が健康・環境問題への取り組みを始めたのが30年ほど前、そこから導かれるように「日本の杉」の問題、そして「杉の素晴らしさ」にたどり着きました。電気工事会社を開業したのが、28歳、60歳で卒業しましたが、求人活動で出身地である九州各地の高校を訪れた際に、目・耳にした森林、林業の問題が気になっていました。
日本の環境問題は「森林」・「人工林」、特に「杉」に問題があることは聞いていましたが「杉が使われない」最大の理由は「乾燥」が難しいことと知りました。そんなある日、あるヒントを得たことで、木材や製材に関してまったくの素人である私が「杉を生かしたい」という、その気持ちだけで木材乾燥装置を製作することを思い立ちました。
素人なのがかえってよかった。経済や効率優先の考え方ではなく、「伐採してからも生きている」「呼吸する生き物である」という考えに基づき、「木の立場」に立って製作したところ、今までの乾燥機とは全く違ったものが出来上がりました。
最大の違いは装置に使用する資材と稼動する際の温度です。従来の乾燥機に使用されている資材のほとんどは金属かコンクリートです。当時の協力者、偶然同姓の伊藤隼夫氏は土間には「ヘドロ」状の液体が溜まるから床材はコンクリートにするべきだと言う。
私は、その「ヘドロ」は「木の養分」ではないかと思い、資材を選びました。構造材は唐松、室内は桧、外部は杉、床は松と適材適所、特徴を活かした素材を使って製作しました。ネズミの実験でも「鉄」や「コンクリート」の部屋に比べ「木」の部屋での生存率が非常に高いことは実証済みです。また、稼動時の温度が重要でした。木材乾燥機の90%以上が100℃を超える高温蒸気で乾燥していることを知りました。伊藤隼夫氏は80℃が必要だと強調する。私は木を「生きもの」として生存可能な温度で乾いて欲しいと思った。そこで「木に聞きながら」探した温度が45℃でした。45℃は木の酵素を損なわない温度であることを後日知りました。45℃での乾燥は変色せず、薬効成分を失わないことも教えてくれました。

ki

本物がわかる赤ちゃんと動物たち

この木を使った家に住むメリットを一言で表すと、生きた杉板が呼吸する「空気のよさ」に尽きると思います。
一般的に「健康住宅」と呼ばれていても、酵素や精油、香りなどの成分が失われている木材が多く使われています。もっとも深刻なことは、薬効成分を抜き取られた木材は、シロアリ等の対策として使用されている、「ネオニコチノイド系の薬剤」です。合板、断熱材、接着剤、防虫剤など、「住宅」の中でも多方面に使用されています。「この薬剤」の恐ろしさは、ヒトの脳への影響、とりわけ胎児、小児などが脳の発達障害になることが懸念されています。

EU全域は今年の12月1日から「ネオニコチノイド系の農薬」の使用が原則禁止となります。「住宅」の最大の被害者は、小さいお子さんや部屋で飼われているペットです。赤ちゃんは本物がわかる赤ちゃんと動物たち超能力者です。言葉が話せないので泣
いて危険を知らせます。
月に一、二度行う「愛工房木浴」、乾燥中の杉と一緒に入って、泣いた赤ちゃんは一人もいません。熟睡する赤ちゃんは天使の寝顔です。私は、「本物の健康住宅」は赤ちゃんや動物たちが認めてくれる家だと思います。日本の財産「杉:ヒノキ」を多く使った家を届けてくれるでしょう。日本各地の「杉:ヒノキ」が活かされて「森林」が甦ることは、「愛工房」を開発した私の願いです。

ik0126

「木」と「人間」。本当の主役はどっち?

人間目線で見ると、自分たちこそ地球上の主役。なぜなら知能を持っているからです。しかし、それは勘違いだと私は思っています。知能はたしかに一番かもしれませんが、生命力が一番の能力だとすれば、私たちは木の足元にもおよびません。
もう一つは、人間がいなくても木は生きられますが、木がいなくては人間は生きられません。木が人間を育ててくれたんです。そう考えると、地球上の主役は、人間ではなく、木だと言えるのではないでしょうか。
ところが、人間はわがもの顔で自分たちの都合に合わせて木を痛めつけ、防虫対策と称して化学物質まみれにします。このことが自分や自分の家族の健康を損なう結果になることに気づいて欲しいのです。千年も生きる能力を持つ木から見れば人間の行為が如何に愚かなことか…。これからの時代で大切なのは、木の立場に立ち、木と共存していくことです。「愛工房」の目的は、木の素晴らしさを伝えると同時に、地球を汚す行為に対して警鐘を鳴らすこと。それが私の使命だと思っています。

 

 

愛工房「奇跡の杉、ヒノキ」でつくる、本物の健康住宅

投稿日:2018年04月02日

そこで私が推奨するのが、群馬県太田市に設置している。愛工房「奇跡の杉、ヒノキ」でつくる、本物の健康住宅です。

title011
ゼロ宣言の家
フリーダイヤル 0120-95-1711

image01

text01
  • list01
  • list02
  • list03
  • list04
  • list05
title02

現在の木材乾燥の主流は、乾燥温度60度から120度などの高温蒸気乾燥。乾燥はするものの、杉が本来持っている色、艶、粘り強度や芳香成分、防虫成分、精油などの生命エキスをすべて“嘔吐”してしまい、残るのは強度も光沢も失った“死んだ木材”。カビがはえ、ダニがわき、ひそかに、防腐剤・防カビ剤・防蟻剤などを注入し、これがシックハウスの原因ともなっているのが現状です。

title03

愛工房という木材乾燥装置は、従来の乾燥釜に比べて非常にシンプル。人が一緒に入っても気持ちがいい温度で汗をかく、まるで木でできたサウナです。その温度は45℃。この温度で低温乾燥された愛工房の木材は、木の大切な「酵素」が損なわれないので、生命を保ち「呼吸建材」として住まいの一部となり、木も人と同様、呼吸する生きものとして、そこに住む人と共に生き続けるのです。

木そのものが断熱材の役割を果たし、室内の空気を爽やかに保つのはもとより、温度の偏りを無くす。シロアリなどの浸食を防ぐ。
一般的に「健康住宅」と呼ばれている住宅でも、抜け殻の、死んでしまった木材が使われていることがほとんどと聞くと、下地材一枚がいかに大切かが目に見えて分かります。

text05
image02
矢山 利彦 外科医

1980年、九州大学医学部卒業。同大学院博士課程で免疫学を専攻。2001年、矢山クリニックを開院。経絡エネルギーゼロサーチを開発し、西洋医学、東洋医学、歯科医科統合、自然療法を気の観点から融合した医療を実践。ガン、リウマチ、アトピー、喘息などの難病に高い治療効果をあげている。著書『気の人間学』『あいうえお言霊修行』他多数。

image03
医療法人山桃会 矢山クリニック
佐賀県佐賀市大和町大字尼寺3049-1 ☎0952-62-8892
公式サイト http://www.yayamaclinic.com/

医師が認める家づくり〜4つのポイント〜

  • ゼロ宣言の家
    フリーダイヤル 0120-95-1711

「愛工房」の家

投稿日:2018年04月01日

低温乾燥

アロマ効果の生きた低温乾燥
多くの建物で用いられる木材は、60~120℃以上の高(中)温乾燥と呼ばれる技術で仕上げられています。
この技術は、速乾性はありますが、木材に無理矢理水分を吐き出させるため、木材の持つ有効成分等も水と一緒に出してしまい、
乾燥を終えた木材は艶もなく、耐久性も低くなってしまいます。
それに対して45℃の低温で乾燥させた木材は、「木」本来が持つ有効成分をそのままに、自然に近い形で乾燥させます。
そのため、アロマテラピーで用いられる精油成分がそのまま木材に留まり、建物に住むだけでアロマ効果を得ることができるのです。

ヒノキ
まっすぐ長く成長するヒノキのように、まっすぐ夢に向かって進む力や成長するパワーをくれる香りです。高いリラックス効果があり、自分と向き合う時間をくれます また、抗菌、消臭、防虫効果に優れ、血行促進作用があり、むくみや疲労に効果的です。

ヒノキの効能

  • ・抗菌作用
  • ・鎮静作用
  • ・血行促進作用
  • ・抗菌作用
  • ・鎮静作用
  • ・血行促進作用
  • 頭痛/生理痛/筋肉痛の緩和
  • ・月経不順/PMSの緩和
  • ・鬱滞除去作用
  • ・消化促進作用
  • ・強壮作用
  • ・鎮痛作用
  • ・免疫強化作用
  • ・細胞収縮作用
  • ・森林浴効果
  • ・コルチゾン作用
  • ・防虫作用
  • ・消臭作用

スギ
強い森林浴効果があり、爽やかさが心にバランスと静けさを与えてくれます。体をリラックスさせ、沈静させる作用に優れており、血圧が下がり、呼吸が深くゆっくりになるといわれています。そして、安眠効果にもつながります。

スギの効能

  • ・抗菌作用
  • ・防虫作用
  • ・強壮作用
  • ・抗ストレス作用
  • ・組織再生作用
  • ・鬱滞除去作用
  • ・消化促進作用
  • ・免疫調整作用
  • ・鎮痛作用
  • ・免疫強化作用
  • ・粘液溶解作用
  • ・胆汁分泌作用
  • ・鎮痙作用
  • ・消炎作用
  • ・血圧降下作用
  • ・森林浴効果

パイン
パインは心を強くする働きがあり、悲観的な気持ちになってしまうときなど、自分の自信を取り戻して肯定的な気持ちにしてくれる効果があります。また、強壮作用、殺菌作用、消炎作用があり、呼吸器系のほか、泌尿器系、生殖器系の疾患に有効です。

パインの効能

  • ・抗菌作用
  • ・鎮静作用
  • ・抗感染作用
  • ・消炎作用
  • ・抗リウマチ作用
  • ・呼吸器の鎮痛作用
  • ・鬱滞除去作用
  • ・去痰作用
  • ・血圧上昇作用
  • ・結石溶解作用
  • ・神経強壮作用
  • ・局所循環促進作用
  • ・殺菌消毒作用
  • ・刺激作用
  • ・肝臓の浄化
  • ・血行促進作用
  • ・コルチゾン作用
  • ・免疫向上作用
  • ・抗肥満作用
  • ・抗炎症作用
  • ・森林浴効果

ラーチ
ヨーロッパを中心に生息し盆栽にも使用されています。心を強くし、スッキリさせてくれます。バランスをとってくれる香りです。また、マツ科のため呼吸器系に働きかけます。

ラーチの効能

  • ・抗菌作用
  • ・鎮静作用
  • ・減肥作用
  • ・血管拡張作用
  • ・血圧低下作用
  • ・鎮痙作用
  • ・抗喘息作用
  • ・筋肉弛緩作用
  • ・抗気管支炎作用
  • ・心臓筋調整作用
  • ・免疫向上作用
  • ・森林浴効果
低温乾燥装置「愛工房」
普段一般に使用されている天然木材は、防かび剤や防虫剤が使用されています。薬品には劇薬から天然成分まで様々です。特に輸入木材やカビの生えやすい木材、シロアリに食べられやすい木材等は、検疫機関や公共試験機関等の指導や推奨により劇薬も使用されているのが現実です。 45℃の超天然乾燥装置「愛工房」は薬剤を使用しない木材です。
原  木:化学薬剤 不使用
加工製品:化学薬剤 不使用
フリーダイヤル 0120-95-1711

ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.