未来に胸を張れる家 ブレインホーム

震源域「ひずみ」蓄積しやすく…関東地方にも

投稿日:2018年09月08日

震源域「ひずみ」蓄積しやすく…関東地方にも

震源域「ひずみ」蓄積しやすく…関東地方にも

北海道胆振(いぶり)地方で最大震度7を観測したマグニチュード(M)6・7の地震の震源域周辺は、

地震を引き起こす「ひずみ」が蓄積しやすく、過去にもM5~6級の地震が発生している。

こうした地域は東北や北陸、関東地方などにもあり、専門家は「住民は地震への備えが特に必要」としている。

京都大防災研究所の西村卓也准教授(地殻変動学)が全地球測位システム(GPS)を利用して行った解析によると、

北海道東部では地盤が西側に年間2~3センチ移動する。西部からも東向きに力がかかり、

胆振地方を含む地域で東西の地盤が押し合う形になり、ひずみが蓄積しやすくなっているという。

ひずみの蓄積が限界に達すると、岩盤の割れ目(断層)で破壊が進み、地震が起きる。

気象庁によると、今回の地震の震源域周辺では、1924年と27年にM6、2017年にM5・1の地震が起きるなどしている。

国内では新潟県から兵庫県南部にかけて延びる「新潟―神戸ひずみ集中帯」などが知られ、

阪神大震災(1995年)や新潟県中越地震(2004年)などの大規模地震が発生している。

西村准教授は「ひずみのたまりやすい地域は国内に複数ある。備えを進める判断材料の一つとして、こうした地域の存在を知ってほしい」と話した。

2018年9月8日 投稿|     
ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
関連企業:horoumua
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.