未来に胸を張れる家 ブレインホーム

外壁塗装の悪徳業者を見分けるチェックポイント(後編)

投稿日:2019年10月23日

ポイント2.『訪問販売の殆どは相場からかけ離れている』

悪徳業者で最も使われる手法。それが訪問販売である。

訪問販売は相見積もりする隙や、考える時間を与えさせないためには有効な手段なため、お客様を脅し、

「今すぐ契約しないと家が大変なことになる!」
「今契約すると半額になる」

などと、簡単な口実にのせられ、ついつい契約してしまうのである。

この記事を見ているという事は、あなたも見覚えがあるのではないだろうか。万が一、同じようなことが今発生しているのであれば、一旦心を落ち着かせ、よく考えなおしていただきたい。

では、その業者が本当に悪徳業者なのか、判断するために、よくある悪徳業者の手法を紹介しよう。次の何れかに当てはまる場合、ほぼ確実に悪徳業者であると言っても過言ではないだろう。

ポイント3.『悪徳業者が使うよくある5つの手口』

ここでは悪徳業者がよく使う手口をご紹介する。我々がこのサイトを運営してから数年、面白いように下記と全く同じ相談を毎日のように頂く。以下の何れかに当てはまる場合は、注意が必要だ。

しかし、いくら注意しようとしても騙されてしまうのが現実である。

さらに注意が必要なのが、悪徳業者と言っても法律に違反しているわけではないということだ。また、あからさまに人相が悪かったり詐欺師らしい格好をしているわけではないのでたちが悪い。

むしろスーツなどを来て小綺麗な格好をしていかにも”信頼できそう”な風貌をしていることがほとんどなのだ。それでは悪徳業者のよくある5つの手口を見ていただこう。

3−1.契約を急がせる。

口約束で工事を決めようとしたり、「ただいまキャンペーン中で、本日契約してくだされば、モニター価格で大幅に割引します」など、契約を急がせる業者がいる。これはつまり、相場が知られる前に悪徳業者は契約をしてしまいたいのである。

急いで契約をしていいことは何一つない。出会った当日に契約書にサインをしてしまってはいないだろうか。そこで、典型的な例を下記に記載したので見てほしい。

業 者「奥様、大変です。ここのヒビ割れを見て下さい。このままだと1ヶ月もしないうちに雨漏りが発生します!」

あなた「そうなんですか!?でも今はお金もなくて、とても修理出来る余裕が…」

業 者「ご安心下さい。今月は特別キャンペーンを行っておりまして、今契約して頂ければ、通常の半額で施工が可能なんです!」

これはほんの一例だが、面白いようによく使われる手法なので、頭に入れておいて頂きたい。外壁塗装は一生に数える程しかやらない一大イベント。それをたった1日で決めてしまってはいないだろうか。

3−2.不安を煽る

悪徳業者は下記のように、やたら不安を煽る事を言ってくる。

業者「このままだと大変な事になる」

業者「今すぐ工事しないと取り返しのつかない事になる」

本当の場合もあるが、塗装工事というものは基本的に緊急性は伴わない。明日塗装しなければ家が倒壊するという場合話は別だが、そんなことほぼ無い。

悪徳業者は言葉巧みに不安を煽り、「今スグやらなくては」という気持ちにさせてしまうのである。

3−3.長過ぎる耐久年数を提示してくる

塗料はどんなに長い耐久性のあるものでも20年。それを30年や、40年もつなどと平気で嘘をつくのである。塗料はかなりもって20年程度、外壁や屋根の塗装は10年も過ぎれば検討しなくてはいけないのだ。下記のように言ってくる業者は怪しいと思って間違いない。

業者「この塗料なら30年は持ちますよ!」

塗料の耐久年数については「外壁塗装塗料の種類と耐用年数ってどのくらい?」で詳しく説明しているので、後ほどチェックして欲しい。

3−4.あり得ない値引きをしてくる

これが最も多い手法である。相場がわからない我々に対し、初めは高めの見積もりを提示してくる。

例えば、最初の見積もり額が300万円だった場合だが

業者:「ホームページ掲載やモデル工事をさせていただいたら特別価格で半額にします!」

業者「足場代をサービスするので150万円や100万円にしますよ!」

などになり、ユーザーはお得だと勘違いしてしまうのだ。塗装工事にも塗料の原価や職人の人件費があり、そんな大幅な値下げなど絶対に出来ない。当初の見積もりが300万円の工事を150万円や100万円に値下げするような工事は、適正価格は80万円程度のはずだからだ。

3−5.オリジナル塗料を売ってくる

これも悪徳業者には比較的多い手法の一つ。

そこで、冷静に考えて欲しい。日本には何年にもわたって塗料を研究し、世界にも誇れる塗料の技術をもつ塗料会社がある。大手塗料メーカーは何十年も塗料の開発に莫大なコストと研究を重ねているのだ、そんな大企業に勝てる塗料を町の工務店が開発出来るはずがないのだ。

だからこそ、もちろんほとんどの工務店、塗装屋はこの塗料を購入して使っている。しかし、中には自社で開発した塗料なので、「一般に出回っている物よりも優れている」などと言って特別感を出している。そんなわけがないのだ。

ポイント4.『悪徳業者が行う手抜き工事の実態』

もう少し具体的に、手法ではなく今度は手口をご紹介させていただこう。これは正直素人目にはわからない。ただ、このような手抜きをされる可能性があるので注意していただきたい。契約した後でも油断は禁物だ。

4−1.ケレンなどの下地作業を行わない

まず、ケレンとは塗装をする前に、サビや元々塗られている塗料の除去を行うことをさすが、悪徳業者はそれを怠ろうとする。屋根や壁、鉄部などの清掃は外壁塗り替えの前にはかならず必要な工程であり、この処理に手抜きがあると後の剥がれの原因になることがある。

ひび割れや凹凸の補修に手を抜いてしまうと、非常に早い劣化の原因になる。大きいヒビ割れなどではない場合には、下地は塗料で隠れてしまい、素人で は、見分けることが難しいのだ。

以上が悪徳業者が行う代表的な手抜き工事の内容だが、そんな手抜き工事の手口にひっから無いためにも「安くてもサービスの内容が充実している」「塗装工程 を詳しく説明し、報告してくれる」そんな業者を慎重に選ぶことが非常に大切となってくる。

4−2.見積書通りの塗装回数を行わない

外壁塗装は通常3回塗りをする。当然、見積書にも何回塗るかが記されているはずだ。しかし、2回塗ったか、3回塗ったかなんて到底素人にはわからない。悪知恵を働かせる業者は見積もった回数を塗らないのである。

4−3.水で塗料を薄める

さらに悪質な場合、水で塗料を薄める。どんなメーカー塗料にも【標準仕様方法】という「メーカーによる施工の基準」がある。塗料はその基準を守って こそ塗装本来の機能が発揮されるのだ。薄めることで少ない塗料で早く広い面積を塗ることができるので、人件費、塗料の経費削減になる、非常に悪質だ。

4−4.乾燥する前に重ね塗りをする

こちらも非常に悪質だ。乾燥が不十分のまま2回目、3回目を塗装することで、塗料が定着しないため、早期の剥がれの原因となってしまうのだ。塗装屋、戦場の乾燥時間を短縮することで、職人の工賃を削減することが出来るためだ。

結論から言うとメンテナンスが『かからない』家造りができるかがポイント!

2019年10月23日 投稿|     
ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
関連企業:horoumua
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.