未来に胸を張れる家 ブレインホーム

【続】 独占公開 安倍総理の告白

投稿日:2019年10月29日

※2.情報を掲載するにあたり、細心の注意を払っていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性,完全性及び安全性等を保証するものではありません。

【第1章】安倍総理の告白
日本のメディアが報じない「3つの敵」とは

  • 日本経済が抱える〝最悪最大の病〟とは何か
  • デフレの国がGDPを伸ばすのは「不可能」である
  • GDP成長で見たら、日本は劣等生ではなく、落第生だ
  • デフレ脱却は待ったなしの状況にある
  • プライマリーバランス黒字化目標に政権が走る危険性
  • 消費税増税は、デフレギャップを拡大するデフレ促進策でしかない
  • 「自分には三つの敵がいる」
  • なぜ、財政拡大に舵を切れないのか?
  • 財務省主導の緊縮財政路線は、「自分の代で終わらせたい」
  • 与党の国会議員たちには、「まともな経済政策」に目覚めてほしい

【第2章】99%の日本人が知らない「4つの悪夢」
30 兆円の所得が消失、亡国へのカウントダウンが始まる

  • 株高・低失業率は、日本の景気の良さを表しているのか
  • 景気の動向は、国民の所得が順調に増えているかを見なければわからない
  • 「いざなぎ超えの好景気」の正体
  • 緊縮財政を継続しながら、中央銀行がおカネを発行し続けた愚策の結果
  • 2019年、消費税のさらなる増税で日本はどうなる?
  • 消 費 税 率 「 10 %」の衝撃
  • 消費税増税だけではない、日本経済「需要縮小」の危機
  • 戦争を上回るデフレーションが、日本の国力をそぎ落としていく
  • 財務省の間違った政策により、日本は衰退への道をひた走っている
  • 「日本は公共投資をやりすぎだ」は大きな誤解である
  • かつての「インフラ大国」は、インフラ劣等国に落ちぶれている
  • 自然災害大国でありながら、災害から「守られない」国に
  • 狂った経済学により、日本は亡国への道をひた走っている

【第3章】経済学の「嘘」から日本を救う方法
なぜ、少子高齢化が復活への武器になるのか?

  • 完璧なデフレ対策だったアベノミクスが変容してしまった
  • 日本の国民を豊かにし、安全を強化する「経世済民」とは真逆の政策
  • 「経世済民」の現状を憂える国会議員が立ち上がった
  • 投資プロジェクトはぜひ進めるべきだ
  • 提言を採用するか否かが、安倍政権の最終的な試金石である
  • 希望が見えた概算要求基準の中身
  • デフレ脱却に必要な予算拡大の「枠」がついに外された
  • 日本ほど、「経済成長が容易な局面」を迎える国はない
  • 日本の高度成長を可能にしたものとは何だったのか
  • なぜ当時の日本で、生産性が著しく向上したのか
  • 生産性が向上してインフレギャップが埋まると、経済成長の「黄金循環」が始まる
  • 移民で「人手不足」を解消すると、経済成長の黄金循環は期待できない
  • AIやIoTなど汎用目的技術の開発による生産性向上も重要だ
  • ILC誘致の成否は、国の運命が決まる「決定的な瞬間」となる
  • ILCの重要性をメディアが全く理解していない

おわりに

  • 日本の未来に対する責任は、日本国民が負っている
2019年10月29日 投稿|     
ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
関連企業:horoumua
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.