未来に胸を張れる家 ブレインホーム

『続』

投稿日:2018年06月12日

感謝され信用される

 

新たな市場を開くということは、誰かのニーズを満たすことになります。

ニーズを満たすことができた、すなわちビジネスが成功したということは、誰かがそれにお金を出してくれたということです。

お金を出してくれた人は、そのビジネスを必要だと感じています。

そこには、感謝という感情が存在しています。

つまり、ビジネスの成功は多くの人の感謝につながります。

また、感謝されるということは、それだけ信用を得ていることとも言えます。

この信用というものを分かりやすく言うとブランドになります。

ビジネスの成功により、会社やあなた自身がブランディング化される場合もあります。

この信用(=ブランド)を得られることができれば、様々なビジネスを成功させることも可能になるでしょう。

 

雇用の創出

あなたがビジネスを拡大し、新たな雇用を作り出すことで経済に対して影響を与えます。

雇用された人は生活基盤を得られ、且つ、日本経済の活性化にも貢献できます。

従業員があなたのビジネスに共感をし、集うことで、あなたのビジネスのために一生懸命働いてくれるでしょう。

そうすれば、生産性が向上したり、新しい発想が生まれたり、ビジネスがより潤滑に回るようになります。

 

ビジネスを行い利益を生み出すことは、自分自身にも、そして国や顧客、従業員と様々なことに良い影響を与えることができるのです。

 

「ビジネスは顧客満足」は間違い!?

よく聞く「ビジネス=顧客満足」という考え方は間違っています。

顧客満足というのはビジネスそのものではなく、ビジネスの根幹に位置するものです。

ビジネスの目的は顧客満足ではありません。

何度でも言いますが、ビジネスの目的は「利益を生み出すこと」です。

これはどういうことでしょうか。

もし、顧客満足を得たいのであれば、その方法はビジネスである必要がありません。

ボランティアというものが世の中にはあります。

それでこと足りるのではないでしょうか。

私は、ビジネス=顧客満足という考えに対して、現実が見えていないとしか思いません。

所詮、キレイ事です。

企業に求められているのは利益です。

企業が利益を生み出せなければ、国の経済は衰退してしまいます。

では、なぜ顧客満足ではないのでしょうか。

それは、顧客満足というのは手段だからです。

前述の通り、顧客満足はビジネス以外でも得られます。

ビジネスの目的である「利益を生み出すこと」を達成するための手段の一つが顧客満足なのです。

それ以外の手段でお金を得られるのであれば、顧客満足を求める必要はありません。

なぜ、多くのビジネスが「顧客満足第一」を掲げるかというと、顧客満足を目標として達成することにより、多くの利益を得たいからです。

あくまでビジネスの目的は「利益を生み出すこと」です。

そして、その手段として「顧客満足」があるのです。

ビジネスを始めるにあたり、この違いをしっかりと理解しましょう。

2018年6月12日 投稿|     
ほぼ毎日、無料相談
受け付けております。
お金のこと、土地のこと、間取りのこと、モデルハウスで受付中!
「住まいの無料相談お願いしたいのですが…」とお電話にてお問い合わせ下さい。
ご予約はこちら
モデルハウス・店舗のご案内
「ブレインホームの家」誕生ストーリー
株式会社BRAIN 〒379-2304 群馬県太田市大原町2423-1 TEL 0277-79-0027 FAX 0277-79-0028
関連企業:horoumua
Copyright (c) 2017 株式会社 BRAIN All Rights Reserved.